読書記録

夢をかなえるゾウ(まとめ・ネタバレあり)

投稿日:

ちょっと元気が出るブログ!

Rinaです

 

 

KindleUmlimitedで本が読み放題!

Kindle Umlimitedというものに入会して

一部の本が読み放題になりました!!!

もちろん最新の本や、本当に読みたい本は読み放題対象外だったりしますが

うまくタイミングが合えば、期間限定で対象に入っていることもあるし

あまり興味のなかった本が、案外面白かったりするので

読書が趣味の人には良さそう!!

 

堅苦しくない啓発本「夢をかなえるゾウ」

わたし的におすすめポイントは「夢をかなえるゾウ」が読めます!!!

なんだか数年前にタイトルだけ聞いたことがあった

そこで、数ヶ月前にたまたま古本屋で発見した

「夢をかなえるゾウ3」を読んだ

いきなり3から読んだけれど、これは面白い!

どこから読んでも大丈夫なストーリーです

内容はポップな小説ですが、

要所要所で「ガネーシャ」という神様からの

「夢をかなえるための課題」が啓発系!

ただ、普通の啓発本よりもストーリー仕立てになっているので

すんなりと頭に入ってきます

 

(!)ここから先はネタバレを含みます(!)

 

 

  

 

 

 

 

備忘録としてガネーシャからの課題を、簡潔にまとめてみました!

 

 

課題1:靴を磨く

「靴を磨く」

自分の商売道具は、常に綺麗にしておくこと!

靴は誰しも使うもので、支えてくれる土台の大切なものだからこそ

感謝を込めて磨くべき!

そういえば子供の頃は、思いきり汚していたからか

母が週末に洗ってくれていたけれど

大人になってから靴を洗うって滅多にしていないかも……

成功しないための一番重要な要素は

「人の言うことを聞かない」ということ!

今まで成功したい、変わりたいと思いながら

自分でやってきて変われていないのだから。

 

 

課題2:募金する

収入の10パーセントを寄付!

これは流石に難易度が高いが、

コンビニの募金箱にお釣りを入れるくらいなら……

小銭で財布がいっぱいになってしまうのも防げるしね!

お金持ちに「なる」人は、誰かを喜ばせたいと思っている人

お金持ちに「なりたい」人は、自分の欲ばかり!

喜ばせたい気持ちを素直に大きくしていく=募金

 

 

 

課題3:食事を腹八分におさえる

これは健康関係の勉強をしていた時に散々聞いてきた!

なにせ満腹まで食べると、消化するために体力が奪われて

集中力低下・睡眠の質低下などなど……

消化不良で体内に残った食材が、

体内で腐る事で、病の元になるとも言われているしね!

 

 

 

課題4:人が欲しがっているものを先取りする

人は、わざわざ「●●が欲しい」とは教えてくれない

しかし必ず「●●がしたい」と言う欲はあるので、

何を欲しがっているのかを予想して、提案する事で

「人の欲を満たす」ことができる!

 

自動車の育ての親”ヘンリー・フォード”のお話で

お客さんが「もっと早い移動手段」を求めていた時に

「何が欲しいか」とは聞かずに自動車を作った

もしお客さんに「何が欲しいか」と尋ねていたら、

お客さんは「もっと早く走れる馬が欲しい」と答えていただろう

 

 

 

課題5:会った人を笑わせる

「空気を作る」と言うのに、「笑い」はもっとも大切!

笑いのある現場では発言もしやすくなるし、

発言しやすいことで、いいアイディアが生まれやすくなる

仕事の会議などでもそうだし、

子供の集まるレッスンでもそうだ

ダンスのレッスンって声を出す必要がないから

先生だけが喋っていて生徒は黙々としている現場もある

そうなるとなんだかすごく重い空気になって

失敗が怖くなったりする

逆に生徒も和気藹々としていれば、

多少の失敗も怖くないし、わからない時には声をあげて質問しやすい

 

 

あなたと会えて楽しい、うれしい、そういう思いを持ちながら

楽しく会話してみること!

気分は伝染する!

 

 

 

課題6:トイレ掃除をする

お金持ちの家や、

繁盛している飲食店のトイレは綺麗!!

特に、他の人が面倒がってやらないことをやることで

気持ちがスッキリするよう

これは多くの啓発書などにも書いてある……

ので、わたしも昨日くらいから少しずつやるようにしたよ♪

 

 

課題7:まっすぐ帰宅する

人に誘われたから飲み会に参加する

これは「反応」なので、自分の意思とは別のところ

自分の時間は自分でコントロールすることが大切!!

「自由な時間は自分が成功するために使う一番大事な時間」

 

 

課題8:その日頑張れた自分をホメる

「頑張らなくてはいけない」と思うことは、続けられない

なぜなら楽しくないからだ

人間は楽しいこと、やりたいことしかできないようになっている

他人から「努力している」と見えても

本人は「努力している」とは思っていないから続けられる!

 

毎日寝る前に、自分がその日頑張れたことを思い出して

自分をホメてあげる!

そうして「頑張ったこと」が「楽しいこと」なのだと

自分に教えてあげる!

 

 

課題9:一日何かをやめてみる

辞めた隙間には、何かが入り込んでくる!

わたしの場合、

✔︎役者をやめたら彼氏ができた

✔︎役者をやめて就活なしで就職できた

✔︎会社をやめたら新しい仲間ができた

 

ケンタッキーフライドチキンのお話

カーネルサンダースは、カフェを経営していたが

すぐ近くにライバル店ができることに!!

そこで愛着のあるカフェを閉めることにして、

カフェで人気のあったフライドチキンのレシピを

他のレストランに売る事で収入をGET!

それが「ケンタッキーフライドチキン」の始まり

……カフェを手放すと言う決断のおかげでできたこと!

 

 

 

課題10:決めたことを続けるための環境を作る

人間は意識を変えることはできない

皆、何かを変えようと「意識を変える」と言うことをするが

人間の意思は弱い!

 

なぜ「意識を変えよう」とするのか

理由は「楽」だから!

意識を変えて頑張っている自分を想像するのは楽しい

ただ、未来の自分の「期待」しているだけで

実際に行動できるかは別問題

本気で変わろうと思うなら

意識を変えるのではなく

「具体的な何か」を変える!!

「変えざるを得ない環境」を作り上げる!!!

 

 

課題11:毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

変えやすい環境のうちの一つは

”服装”

服装が人の意識に与える影響は見逃せない!

自分に自信の持てる服を身につければ、行動や言動も変わる

女性はコルセットをつけてドレスを着るのが当たり前だった時代

”シャネル”がその常識を壊して、

パンツスーツスタイルを生み出した事で、

女性の考え方に影響を与えて、

女性が社会進出するきっかけとなった

 

 

課題12:自分が一番得意なことを人に聞く

自分が思っている「得意分野」と、

他人から見た「得意分野」は違うことも多い!

”自分の仕事の価値”を決めるのはお客さん!

なので自分以外の人に、得意分野をきくこと!

 

 

 

課題13:自分の苦手なことを人に聞く

得意なことと同様、

得意なことの裏側は苦手なこと!

・一人で作業をするのが得意な人は、集団行動が苦手

・大勢で作業するのが得意な人は、一人でやると集中力がない などなど

 

 

課題14:夢を楽しく想像する

「夢は強く思い描けば実現する」

と言う言葉を勘違いして

「夢を思い描かないといけない」

とプレッシャーに感じてしまってはいけない!

勝手に想像して、ワクワクしてしまうのが「夢」

 

 

課題15:運が良いと口に出して言う

「運がいい」と声に出すことで、

脳にインプットされて、脳が「運がいい事」を探し始める!

自分の周りに起こる出来事は、自然の法則にのっとって起きているだけ

それを「運がいい」「運が悪い」と言って、

「いい」「悪い」に分けなくていい

「運が悪い」と思うのは

・世界を支配している法則

・自分の考えている世界

二つのズレを放置してしまうことになる

 

失敗をした時に、

・失敗してしまった と嘆くのか

・次はこうしてみよう と前向きに考えるか!

エジソンが言う

「この実験は失敗だとわかった事が成功!」

自分の周りに起こることは、

全て自然の法則にのっとって起こる

自然の法則を変えるためには、

自分自身が変わる以外ない(自然の法則は変えられない)

 

 

課題16:ただでもらう

「お金」と交換できるのは、自分が思っているものだけではないかもしれない!

「応援したい」と思われる事が「価値」になるかもしれない

「夢」を語ることで「投資」してもらえる

今でいえば「クラウドファンディング」が流行っているように!

例えば、人にかわいがられて仕事を振ってもらうのも、

「仕事」と「愛嬌」と言う価値の交換と言える

 

 

課題17:明日の準備をする

いい結果を出すためには、

綿密な事前準備をする必要がある!

 

 

課題18:身近にいる一番大事な人を喜ばせる

人間というのは不思議なもので、

自分にとってどうでもいい人には気を遣うくせに、

一番お世話になった人や、一番自分を好きでいてくれる人

つまり、自分にとって一番大事な人をぞんざいに扱う

ひいきにしてくれているお客さんよりも、

口うるさいお客さんを優先にしてしまう

これは相手の出方に自分が左右されている

「反応」しているという事で、自分の「意識」ではない

頑張っている子を放っておいて、

手のかかる子の指導に時間をかけてしまうとかね!

 

課題19:誰か一人のいいところを見つけてホメる

人は、自分の自尊心を満たしてくれる人のところに集まる

友人と会話していて、

「楽しい!」と感じるのも大切だけれど、

わたしの仲のいい、二人きりで何時間でも一緒に居られる相手というのは

りなの●●なところがいいよね!

というようなことを、間接的にでも必ず言ってくれる子だ

 

 

課題20:人の長所を盗む

人をホメるためには、しっかり相手を見ないといけない

でも人と話すときも、大抵の人は「自分のこと」を考えている

人のいいところを真似する

「あからさまに真似をするのは恥ずかしい」

そう思うこと自体が「自分のことを考えている」状態

 

 

課題21:求人情報誌をみる

好きなことを仕事にする

自分がワクワクできて

自分の持っている力を発揮できる「仕事」に出会えていないのは、

「経験」がない、あるいは探していないからだ

 

 

課題22:お参りに行く

最近、わたしも母の影響で一緒にやっているおまじないがある

「満月の夜、空にしたお財布を月に向けてフリフリするおまじない」

いわゆる成功者が結構やっているらしくて、

無料でできる簡単なことだし、

一度財布の中を全部出してみるのは

整理のいい機会だと思ってやっている

非科学的だからと言って

「意味がない」「気持ち悪い」と

心のバリアを張ってしまうのは悪い癖!

成功する人間は、

少しでも可能性があることだったら何でも実行してみる!

やらない人間は、そこまでして成功したくはないということ!

「やらない」という行動を通して、

成功したくない自分を表現していること

 

 

課題23:人気店に入り、人気の理由を観察する

ビタミンCの発見者、アルバート・セント・ジョルジジの言葉

発見とは、皆と同じものを見て

誰も思いつかないようなものを考えることだ

 

 

課題24:プレゼントをして驚かせる

お客さんは、「だいたいこれくらいのことをしてくれるんだろうな」

と、無意識のうちに予想している

その予想を超える事でサプライズになり、

お客さんを喜ばせて、また来てくれるようになる

 

ここまでのまとめ

✔︎お金は、人を喜ばせる事でもらうもの

✔︎人間は「やりたくない事」ではなく「楽しい事」しかできない

✔︎人を喜ばせることが「楽しい事」と思えるようにする

✔︎自分が「楽しい事」で人を喜ばせられるようになる

 

 

これらを「知る」だけでは「成功」はできない

「実行」する以外に「成功」はない

 

課題25:やらずに後悔していることを今日から始める

「いつかやる」と、未来に「期待」していてはいけない

「仕事」は「作業」だから、

「仕事」で幸せになりたかったら、

自分が一番好きな「作業」を選ばなくてはいけない

 

課題26:サービスとして夢を語る

人に夢を語って、相手も楽しくなるように語るには……

ただ自分の「欲望」である夢を語っても、

聴く人にとってはつまらない

自分の夢を大きくしていけば、

最終的には「みんなを幸せにする夢」になる

自分の枠の中だけで考えるから、

小さくて、身勝手な夢になってしまう

 

 

課題27:人の成功をサポートする

人からして欲しいことを人にする!

やりたくない作業も、

「人の成功をサポートすること」が楽しいと思えれば、

なんでもやれるようになる!

 

 

課題28:応募する

一番効果的で劇的な変化が望めるのは

「誰かに才能を認められる」こと!!

自身が溢れて、全身からやる気がみなぎって、

寝食も忘れて働けるようになる!

才能が認められる、ということは

今まで自分でも気づかなかった才能が見出されるということ

才能は知らず識らずのうちに備わっているもの

人から才能を認められるためには

「評価」をされる環境を作ること!

そのために働きかけること=応募

何か世の中に働きかけることがあったとしたら

それは全て「応募」するということ

 

 

「成功の秘訣は、成功するまで諦めないこと」

だけど自分に向いていない分野だと思ったら諦めてもいい

 

絶対に諦めちゃいけないことは「自分」

自分には何か才能がある、自分にしかできない仕事がある

見つかるまで探し続けなくてはいけない

自分自身に対しては諦めたらいけない

 

 

課題29:毎日、感謝する

 

欲望があるということは、「足りない」という状態

しかし「足りない、足りない」と思っていると、足りない状態から逃れられなくなる

 

✔︎「足りない」状態から抜け出すためには、「お金」が必要

✔︎「お金」を手に入れるためには「人を喜ばせる」ことが必要

✔︎「足りない、足りない」と思っていると余裕がなくなり、喜ばせることができない

 

なので「満たされている」というところに感謝をすることが大切!

 

 

 

 

以上!!

この記事を書いて、自分で改めて見直しになった

何よりも「実行」することが大切!!

これまとめるのに結構時間がかかったから、

本を全部読み返さなくても、自分でこの記事を読み返して身につけよう〜

 

 

-読書記録
-,

Copyright© りなちゃんの元気が出るブログ(仮) , 2019 All Rights Reserved.